離職率が低い病院の選び方

現役看護師の私が、働きやすい病院や看護師としての考え方について書いています。

当サイトについて

このサイトでは、現役看護師である私の視点から離職率の低い病院の選び方について書いていますので、参考にしてもらえたら幸いです。

理想の病院って?

離職率の高い病院について考えてみましょう。「辞めていく割合が高い病院」という事は、「何かしら労働環境に問題がある」という事が考えられます。離職率の大きな原因としては「業務の内容」より「職場の環境に対する不満」となる場合が多いです。

看護助手さんの配置、短時間パート看護師の配置があることによって、日々の業務に余裕が出てくるため、結果的にスタッフや患者様にゆっくりした関わりや優しく接していけることに繋がっていくと思います。

気持ちに余裕をもつことは、自分自身の精神的安定やモチベーション維持に大きく関わっていきます。

人間関係が良好。
給料が高い。
残業がない。
有給休暇が取れる。
やりがいがある。
モチベーションが落ちない。

それが離職率の低い、理想的な働きやすい病院であると私は思います。

教育制度やプリセプティー制度が充実しているか、ということも重要なことです。インシデントやヒヤリ・ハット時の受け止め方にも関わることです。

どうしても個人の責任にしたり、個人を責める傾向になりがちですが、基本的には同じインシデントを起こさないよう対策を立て、チーム一丸となって対応することがベストです。

新人看護師の時期は、知識や技術が未熟であるため、どうしてもインシデントやヒヤリ・ハットに遭遇することがあります。
これは誰もが通る道です。
そこで個人を責めることによってモチベーションが低下し、看護のやりがいを失ってしまうことも珍しくはありません。

そういった意味でも、教育制度やプリセプティー制度のことを
病院選びの際にしっかりと聞いておくべきだと考えます。

詳しい病院選びのアドバイス

実習した中で自分が興味のある科、自分に合っていると思う科がはっきりしていれば、その科に力を入れている病院であるかを確認しましょう。それから勤務地を選択し、より働きやすい環境を作ることをおすすめします。

急性期病棟なのか慢性期病棟なのか、自分にはどちらが向いているのかをゆっくり考えてください。理想としては、新人看護師の時期は、急性期病棟で勤務し、しっかり知識・技術を身につけると、3・4年目になったときにどんな状況下でも臨機応変に自信をもって対応できる自分に出会えると思います。

現役ではなくある程度年齢を重ね新人看護師になられる方はやはり体力面で急性期病棟はしんどいようで、一年目で退職し、二年目からは療養病棟などに再就職される方を多くみてきました。

やはり給料も重要です。賞与の倍率が良いとこは、月々の給料が低いことがあるので注意が必要です。また、その反対もあります。なので年収で計算し考えることが重要です。

あとは残業の頻度やサービス残業になっていないかを確認することです。
タイムカード使用の病院でもサービス残業しているところは珍しくありません。
休日についても週休2日なのか、4週8休制なのか、有給日数が多くても自由に取れない病院がほとんどなので、有給消化率は重要です。

自分のライフスタイルにあった2交代制3交代制かを選ぶことも大切です。
求人や先輩の情報をもとに看護師として自分らしく働ける病院を選択してください。

少しでも仕事を探したいと考えているのなら、いくつか求人サイトも見てみるのもいいと思います。仕事が決まった後の満足度が最も高い、ナースパワーというサイトは登録しておきましょう。思いがけず、良い病院が見つかるかもしれません。

ナースパワーを含め、他にも優良な求人サイトを厳選してみました。
住んでいる地域によってもおすすめの求人は変わってきます。
是非、下記ページを参考にしてください。

看護師になって思うこと

私は、看護師になって7年目になります。
看護師はとても大変な仕事だけど、やりがいがあります。

 

なにより、毎日生死に関わる現場にいるので、命の大切さに触れる機会が多いです。時間の大切さや命の尊さを知り、
「後悔のない人生を送りたい」
「自分らしく生きていきたい」

と実感でき、毎日が充実した日々になっています。

 

ここまで成長するには、決して楽ではありませんでした。
看護師1、2年目のころは、毎日出勤するだけで精一杯。
業務も必死で周りも見えず、先輩に何度も注意され、先生にも怒られました。
自分は看護師に向いてないんじゃないかとまで思ってしまい、
何度も挫折しそうになったこともあります。

 

でも、どんなに辛いときでもわかってくれる先輩、わかりあえる同期がいました。
こんな私でも受け入れてくれたたくさんの患者様、みんなに支えられ乗り越えてきました。

 

新人は注意されて当たり前、注意されるうちが花とまで思えるようになりました。
今、客観的に成長している自分をみて、新人のころに先輩方に注意されたこと、先生に怒られたことすべてが自分の学びになり、自分を成長させてくれたと心から思えます。
だからこそ今看護師を目指している人や再就職を悩んでる人がいるなら、看護師の素晴らしさを伝えたいです。

 

看護師は、人間を相手にする仕事であり、コミュニケーション能力が鍛えられます。
また看護をしていく中で、死を目の前にすることは何度もあります。
私たち看護師の関わりひとつで、患者様自身が最後の息を引き取るまで、

 

寂しい思いをしないか。
安心して永眠できるか。
残された家族がこれからの人生をどう過ごしていくか。

 

そういった大事な場面に立ち会うことができるのです。
そして心から感謝される、本当にやりがいのある仕事です。

 

人の命を救う一方、死に直面する場面に遭遇することは確かに辛いことですが、
その人の人生の最後を一緒に過ごすことは、貴重な体験であり、
いつも命の大切さ人生のあり方を考えさせられます。
看護師の仕事に誇りを持ち、働く人が1人でも多くなることを祈ります。